ワンバンでも死球

野球のルール

ワンバウンド投球が当たってもデッドボールになる?【素人親父の少年野球メモ】

更新日:

少年野球をやっている子供に負けないよう、野球のことについてリサーチしてます。
今回はワンバウンドしたボールが打者に当たった場合のついてです。

ワンバウンドでもデッドボール!

先日の練習試合で、投手が投げたボールがワンバウンドして打者に当たりました。
一瞬『?!』という空気が流れながらも、デッドボールが宣告されて打者は一塁に進みましたが、ベンチのお母さんたちがザワザワしはじめます。

『ワンバウンドのボールが当たってもデッドボールになるの?!』ということみたいです。
もちろん結論から言うと・・・

ワンバウンドでもデッドボールになります。

投球が打者に触れたら(ユニフォームを掠った場合なども含む)その時点でボールデッドとなり試合が中断されます。

そのうえで、避けようとしたにもかかわらずボールが当たったとしたらデッドボールとなり一塁への安全進塁権が与えられます。

関連PR:プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべきバッティング練習

デッドボールにならない場合

  • 打者が打とうとしていた(バントしようとしていた)場合はストライク
  • バウンドしない投球がストライクゾーンを通過している場合にはストライク
  • 打者が避けようとせずにボールに当たった場合はボール
  • 故意にボールに当たりに行った場合はボール

先ほどのワンバウンドについていうと、そのことについてはルール上どこにも記載されてないので、デッドボールになるわけですね。

とにかく打とうとせず避けようとしたのに打者に当たったか?がポイントです。

審判の判断も重要

デッドボールは上記のようなルールに基づいてジャッジされるわけですが、それでも微妙な判断になることも多いですよね。

明らかに避けようとしていたかは審判の見え方による部分も大きいです。
そもそも打者は最初からデッドボールのことなんか考えてません。

必死にボールを打ちにいっているわけですから、咄嗟に避けようとしているにも関わらず、第三者から見るとバットを振っているように見えるかもしれません。

もし自分が審判をやっていたとしたら・・・。
この辺りの判断は難しい場面もありそうです。(汗)

■Check!
塁審の動きは動画で見るとわかりやすい!
こっそり予習しておけば、スムーズな動作にみんな驚くかも?!

>>>動画の続きはこちら

-野球のルール

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.