練習用ズボンを買う

野球トピック

最近のジュニア用練習着ズボンはおしゃれ?!種類も豊富で安い!【少年野球メモ】

投稿日:

最近、息子の練習着ズボンが破けたりするスピードが半端じゃなく早いです。(汗)

その都度、ママが補修したりしているのですが、当て布も意外と高いんですよね。

落ちない汚れも目立ってきたしそろそろ買い替えるか、と思って調べていると、たくさんの種類があって、何だかオシャレでカッコイイやつもある。

そして安い!これ何度も補修するより買った方がよくないか?!

練習着ズボンの種類

最近の野球選手って、なんだかスタイリッシュでカッコイイですよね。

ちょっと前は、野球=ダサい、みたいなイメージがあったように思いますが、今はそんなことありません。

ジュニア用の練習着にも色々と種類があって、用途によって選ぶことができます。

レギュラータイプ

B07K89SQYJ

こちらはベーシックなレギュラータイプ。

裾を折り返して履くタイプですね。

ズボンを最初に裏返してから足を通して、ソックスバンドを巻いて、グイっと表にしなが履く......なんて思い出しますね。。(笑)

自分たちが子供のころはもう少し野暮ったいシルエットだった気がしますが、今はレギュラーといえど見た目がスタイリッシュです。

すこしスリムなのかな?

レギュラーはどのメーカーもバリエーションが豊富で、膝が二重布になっていたり、キルティングされていたり、さらにはパッド入りなど、最初から補強されているズボンも選ぶことができます。

ショートフィット

B083M6Z2J3

こちらはショートフィット。これはカッコいいですね!

プロ野球選手でも多くの方が、こちらのタイプを着用しているような気がします。

なんだか”超上手い内野手”ってイメージです。(僕だけか?笑)

裾を折り返さずに、そのまま履くので、着るのもラクっちゃラクです。

ただ、レギュラータイプと違ってバリエーションも多くないので、耐久性に関しては、自分で補強したりと工夫が必要かもしれません。

でも、当て布しちゃったらスリムなシルエットが崩れちゃうような.....。

見た目と動きやすさ重視ならスリムフィットもいいですね。

関連PR:プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべきバッティング練習

各メーカーのラインナップ

それでは、各メーカーからリリースされている練習着ズボンを見てみましょう。

ミズノゼットローリングスアシックス
シリーズ名ガチパンツ-4Dウルトラハイパーストレッチ楽白(らくしろ)
レギュラー
ショート××
ショートフィット×
補強
参考価格4400円4070円5489円4510円
備考破れにくく汚れが落ちやすい伸縮性、耐久性に優れた素材4D設計で動きやすい汚れ落ちを追求した素材

どのメーカーでも、耐久性、動きやすさ、汚れ落ちに関しては研究を重ねて改善を繰り返しているようです。

価格は販売価格ではないので、あくまで参考としてください。

おすすめの練習着ズボンは?

と、この辺でおすすめをご紹介したいところですが、自分では履いたことないので(汗)、子供の意見やレビューメーカーの推しポイントをまとめていきたいと思います。

王道ならミズノ「ガチパンツ」

野球と言えばミズノ。となれば練習着もミズノ。(笑)

ガチパンツシリーズはもはや王道、定番商品となっています。

価格も手ごろですし、ラインナップも豊富でいろんなタイプから選ぶことができます。

耐久性、防汚、伸縮性に優れ、機能的にも申し分ありません。

レビューを見ていると他メーカーの同サイズに比べて若干大きめ、生地はやや薄いとのことです。

我が家でもミズノ一筋でございます。(笑)

動きやすさならゼットかローリングス

当然ですが、野球をやるわけですから動きやすさは非常に重要なポイントです。

レビューを見ていると、機能性に関してはゼットやローリングスが高評価みたいです。

まずゼットは、前屈みになったときのツッパリを抑えるボタンなしポケットや腰回りのゴムおかげで、履きやすく、動きやすいとのこと。

ローリングスは、メーカーウェブサイトでも大々的にアピールされてますが、4Dという立体的な伸縮性を備えた機能がポイントなっています。

柔らかく動きやすいとかなりの高評価ですね。

汚れ落ちならアシックス

汚れの落としやすさを重視したアシックスの楽白シリーズ。

どのメーカーも汚れ落ちにはこだわっているようですが、ここまで全面的に取り組んでアピールされているのはアシックスだけです。

繊維の表面をナノトレック加工を施し、速乾性と防汚性を高めているそうです。

洗濯が楽になるならママたちは嬉しいでしょうね。

そして確かに汚れが落ちやすいと、レビューでも高評価です。

最後に

一口に練習着ズボンといっても、種類も豊富で各メーカーともかなり研究されていることがわかります。

考えてみれば、試合用ズボンよりも圧倒的に着用する機会が多いですから、練習着にこだわることは大切なことかもしれません。

また、練習着ズボンは、ネットで探すとかなり安くなっています。

先ほどの参考価格が4000円~5000円ほどでしたが、実際の販売価格は3000円前後くらいです。

練習着ズボンは消耗品ですから、なるべく安く購入したい。(笑)

サイズ感がわかっていれば、ネットを活用するのがおすすめです。

危険な練習やらせてませんか
お子さんの選手生命を守る!”化学的アプローチ”による小学生向けバッティング練習方法!

■Check!
プロスポーツでは当たり前の”科学的根拠”に基いた安全で効果的な上達メソッド。
バッティングの才能をいち早く開花させ、小学生のうちに一生モノの基礎を身に付ける!

>>>動画の続きはこちら

-野球トピック

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.