公認野球規則 速攻サーチ!

9.10 ア シ ス ト

投稿日:

補殺(アシスト)の記録は、本条規定により、アウトに関与した野手に与えられる。
(a) 次の場合には、当該野手に捕殺を記録する。
(1) あるプレイでアウトが成立した場合、または失策がなければアウトにできたと思われる場合に、そのアウトが成立するまでに、またはその失策が生じるまでに、送球したり、打球あるいは送球をデフレクトした各野手に捕殺を記録する。
挟撃のときのように、1プレイ中に同一プレーヤーが数回送球を扱っていても、与えられる捕殺はただ1個に限られる。
【原注】 〝デフレクト〟とは、野手がボールに触れて球速を弱めるか、あるいはボールの方向を変えたことを意味するものであるから、ただ単にボールに触れたということだけでは、そのプレイを援助したものとはみなされない。したがって、捕殺は与えられない。
プレイの自然の流れでのアピールプレイによってアウトが成立した場合は、刺殺を記録した野手以外のアウトに関与した各野手に捕殺を記録する。プレイ終了後に投手からの送球で始まったアピールプレイによってアウトが成立した場合は、投手のみに捕殺を記録する。
(2) 走者がインターフェアまたはラインアウトでアウトになったプレイ中、送球したり、ボールをデフレクトした各野手には、補殺を記録する。
(b) 次の場合には捕殺を記録しない。
(1) 三振が記録された場合には、投手に捕殺は与えられない。
ただし、捕手が捕らえられなかった第3ストライクの投球を投手が守備して塁に送球し、打者または走者をアウトにした場合には、投手に捕殺が与えられる。
【注】 本項後段の場合で、投手の送球が悪送球となって打者または走者を生かしたとき、送球がよければアウトにできたと記録員が判断すれば、その投手に失策を記録する。
(2) 次のような正規の投球に基づくプレイの場合には、投手には捕殺は与えられない。
すなわち、投球を受けた捕手が、野手に送球して、離塁しているかまたは盗塁を企てた走者をアウトにしたり、あるいは本盗を試みた走者を触球アウトにした場合がそれである。
【注】 投手が投手板を外して送球したときは、それが本盗を試みた走者を捕手が触球アウトにした場合でも投手には捕殺が与えられる。
(3) 野手の悪送球を利して、走者が次塁を奪おうと試み、続くプレイでアウトにされても、悪送球した野手には捕殺は与えられない。
あるプレイ中に、失策と記録されるかどうかに関係なく、ミスプレイがあり、それに続いてさらにプレイが行なわれても、そのミスプレイ後のプレイは新たなプレイとみなすべきで、ミスプレイをした野手は、あらためて新たなプレイにたずさわらない限り、捕殺の記録を得ることはできない。

-公認野球規則 速攻サーチ!
-

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.