公認野球規則 速攻サーチ!

9.15 三   振

投稿日:

三振の記録は、本条規定により、球審が打者にストライクを3回宣告したときに、投手と打者に与えられる。
(a) 次の場合には三振を記録する。
(1) 捕手が第3ストライクを捕らえたので、打者がアウトになった場合。
(2) 0アウトまたは1アウトで走者が一塁にいるときに、第3ストライクが宣告されて、打者がアウトになった場合。
(3) 捕手が第3ストライクを捕らえなかったので、打者が走者となった場合。
(4) 2ストライク後、打者がバントを企ててファウルボールとなった場合。
ただし、そのバントがファウル飛球として野手に捕らえられた場合には、三振と記録せず、そのファウル飛球を捕らえた野手に刺殺を記録する。
(b) 打者が2ストライク後退いて、代わった打者が三振に終わったときには、最初の打者に三振と打数とを記録し、代わって出場した打者が三振以外で打撃を完了した(四球を含む)場合には、すべてその代わって出場した打者の行為として扱う。
【注】 1打席に3人の打者が代わって出場し、3人目の打者が三振に終わったときには、2ストライクが宣告されたときに打撃についていた打者に、三振と打数とを記録する。

-公認野球規則 速攻サーチ!
-

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.