楽しい練習メニュー

野球トピック

幼児・低学年(1~2年生)向け楽しくて飽きない練習メニューまとめ【少年野球メモ】

投稿日:

少年野球の低学年、特に思い切り初心者の1~2年生くらいに合いそうな練習メニューをまとめてみました。

練習メニューは指導者の方々の財産ですから当然ですが、なかなかネット上にも情報が無くて大苦戦。(苦笑)

自分で考えたもの、誰かに教えてもらったもの、発見した情報など、随時追記できればと思ってます。

投げる(ピッチング・送球)

  • 的を作り、それを狙って投げる(時間制限を作り団体戦にするなど工夫すれば、さらにゲーム性が上がる)
  • ボールで頭を「コン、コン」と叩いてから投げる(肘が下がりにくくなる、「1、2、3」など言い換えもOK)
  • ネットを背にして10cmくらい離れた位置で投げる(ネットに肘や背中が触れてしまったら、フォームが崩れている合図)
  • ゴム、穴あき、小さいサイズなど様々なボールを用意して、ごみ箱などに投げ入れる(距離感やリリースの感覚が養われ、コントロールが向上する)
  • 滑り止めのない手袋をはめて投げる(ツルツルと指から抜けやすくなるので、ボールに指をしっかり掛ける感覚が養われる)
関連PR:プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべきバッティング練習

打つ(バッティング・バント)

  • ビーチボールを打つ(対象物が大きいのでバットに当てやすく、とにかく”打つ”という感覚がわかる)
  • ノックを打つ(ミートするためのバットとボールの距離がつかめる)
  • 置きティー(動いてないから打ちやすい、ボールにバットを当ててから引き、その軌道で同じように打つことから始めると〇)
  • 野球盤のようにグラウンドへヒットゾーンorアウトゾーンを書いてバント練習する(ゲーム性が高く楽しみながら練習できる)

▼野球盤のようなバント練習▼

捕る・守る

  • 置いたボール→コロコロ転がしたボール→軽いノックと、段階的にゴロ捕球練習レベルを上げる
  • ワンバンで捕る→手で止めて地面に落とす→グラブをはめて捕球してみると、段階的にフライ捕球練習レベルを上げる
  • ゴムボールで捕球練習(とにかく安全、まずは素手ではじめると〇)
  • フリスビーでフライ練習(対象物が大きいうえ、ゆっくり落ちてくるので捕りやすい)
  • 打ったシャトルでフライ練習(落下スピードが遅く捕りやすいうえ、比較的安全)
  • 板やスリッパなどをグラブに見立てて捕球練習する(ボールを掴めないので、必然的に投げ手をグラブの近くに置くことになり、握り替えのスピードが向上する)

基礎体力

  • 鬼ごっこ(全方位の動きを伴い、俊敏性を高められる、作戦を考える思考能力向上も)
危険な練習やらせてませんか
お子さんの選手生命を守る!”化学的アプローチ”による小学生向けバッティング練習方法!

■Check!
プロスポーツでは当たり前の”科学的根拠”に基いた安全で効果的な上達メソッド。
バッティングの才能をいち早く開花させ、小学生のうちに一生モノの基礎を身に付ける!

>>>動画の続きはこちら

-野球トピック

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.