トスマシン

野球トピック

おすすめのトスマシンはどれ?人気機種を比較してみます【少年野球メモ】

投稿日:

素人親父の少年野球メモ。
今回は”トスマシン”について書いてみたいと思います。

野球って色んなトレーニング機器があって、見ているとなかなかオモシロい。
最近は子供のバッティングもこなれてきたので、トスマシンなるものが気になってます。

これがあれば、僕がいないときにもママと練習できるかなぁ、なんて。

トスマシン

その名の通りで説明するまでもない感じですが、トスマシンはトスを上げてくれる機械です。(笑)

トスバッティングは代表的な打撃練習のひとつですが、上手にトスを上げようと思うとなかなか難しいんですよね。

関連記事:トスバッティングでのトスの上げ方!投げ方のコツ

しかも、ずーっとやってると疲れちゃいますし。。
もちろん父がトスを上げてやればいいんですが、いつも家にいられるわけじゃないですからねぇ。

でも、トスマシンがあればママや弟妹でも楽しみながら練習につきあえるんじゃないでしょうか。

そして何よりも大きなメリットとしては、前からトスが上がるからより実践的な練習ができるという部分があります。

関連PR:プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべきバッティング練習

人気機種を比較する!

それでは、人気がありそうなトスマシンを比較してみましょう。

サクライ貿易 FALCON FTS-100

サクライ貿易(SAKURAI) FALCON(ファルコン) 野球 トスマシーン ピッチングマシン バッティングマシーン 前からトスマシーン FTS-100

こちらは、ボールの軌道を3段階で調節できます。
球速は約10km/hとのことです。

専用の柔らかボールが8個付属しているということで、買ったらすぐにバッティング練習ができます。

ただし、この専用ボールのみでの使用が推奨されていますので、軟式ボールなんかはもちろんのこと、他のボールは使うことができません。

ちょうどこの機種に関してはレビュー動画があったので貼っておきます。
やっぱり専用ボール以外はおかしなことになっちゃってます。(笑)

専用のウレタンボールだけしか使えないという部分は引っ掛かりますが、価格もリーズナブルですし、人気がありそうな機種でした。

Amazonでもレビューがたくさんついてましたよ。

商品名サクライ貿易 FALCON FTS-100
参考価格5,832円
対応ボール専用のウレタンボール
電源電池(単二3本)
サイズ幅約25cmx奥行約37cmx高さ約42cm
重さ約1.8kg

サクライ貿易 Promark HT-89N

サクライ貿易(SAKURAI) Promark(プロマーク) Promark プロマーク バッティングトレーナー トス対面II 充電式 HT-89N

こちらは、より本格的なトスマシン。

軟式、硬式、ソフトボールに対応しているうえ、充電式となっているので可搬性も抜群。
価格も高いですが、長く使えることを考えれば、十分元は取れるのではないでしょうか。

安全を確保して練習できる場所があればですが。。

商品名サクライ貿易 Promark HT-89N
参考価格17,507円
対応ボール軟式球、硬式球、ソフトボール
電源充電式
サイズ幅30.5x奥行52x高さ34cm
重さ約5kg

FIELD FORCE(フィールドフォース)   FTM-253

(フィールドフォース) FIELD FORCE トスマシン・フロントトス . ブラック

こちらはリーズナブルでありながら便利な野球道具をリリースしているFIELD FORCEのトスマシン。

4段階での軌道調整が可能で、より効果的な練習ができるよう設計されているようです。

また、穴あきボールとウレタンボールの2種類に対応しています。
安全性を考慮するなら穴あき、しっかりと打感を感じたいならウレタンがいいですね。

そしてセット販売されている専用ネットと組み合わせて使うと、打ったボールがそのままマシンに戻る仕組みになっているので、一人でもボール補充する必要なくずーっと打てるということ。

これは便利ですね。(ネットを設置できるスペースがあれば.....。)

ちなみに、このタイプのネットは色んなメーカーからリリースされてますので、別売りで組み合わせてつかうこともできます。

商品名FIELD FORCE FTM-253
参考価格5,832円
対応ボール穴あきボール、ウレタンボール
電源ACアダプタ(別売り)、電池(単一4本)
サイズ高さ44cm×幅25cm×奥行33cm
重さ約1.3kg

GP 36718

GP (ジーピー) 野球 バッティング トスマシーン トレーナー 硬式 軟式ボール対応 (6ヶ月保証付) 36718

リーズナブルな価格で野球サポート用品をリリースしているGPのトスマシン。

3段階の角度調整とスプリングの強度を変えることでの飛距離調整が可能で、さまざまな軌道のトスを上げることができます。

調節の仕方によっては、トスというよりもピッチングに近い感じのボールも飛ばせそうです。

さらに穴あきボール、軟式、硬式と色んなボールに対応。
これも調節できる個所が多いゆえの特徴なのではないでしょうか。

価格と性能を照らし合わせても、かなりバランスの取れたトスマシンですね。

商品名GP 36718
参考価格7,560円
対応ボール穴あきボール、軟式球、硬式球
電源ACアダプタ(付属)、電池(単一4本)
サイズ幅36cm×奥行27cm×高さ25cm
重さ約2.6kg

最後に

トスマシンにもいろんな種類があるんですね。

対応ボールや電源の取り方など機種によってさまざまなので、用途にあったものを選ぶのがいいでしょう。

僕としては電源が電池だけだと使い勝手が悪そうだなぁ、なんて思います。
ボールもいろんな種類に対応してる方がいいですね。

あなたならどのトスマシンを選びますか?

危険な練習やらせてませんか
お子さんの選手生命を守る!”化学的アプローチ”による小学生向けバッティング練習方法!

■Check!
プロスポーツでは当たり前の”科学的根拠”に基いた安全で効果的な上達メソッド。
バッティングの才能をいち早く開花させ、小学生のうちに一生モノの基礎を身に付ける!

>>>動画の続きはこちら

-野球トピック

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.