プッシュバント

打つ

これは高等技術!プッシュバントのやり方とコツ!【素人親父の少年野球メモ】

更新日:

少年野球をやっている子供に負けないよう、野球のことについてリサーチしてます。
今回は送りバントについてです。

プッシュバント

文字通り、バットを押し出すようにしてわざと強い打球にするテクニックです。
ボールの勢いを殺してコロコロと転がすことが基本となる通常のバントとは大きく異なります。

プッシュバントは、バントしながら自分も生きるためのテクニックですが、そのスタイルからどうしてもフライになりやすくなるので、安易にトライするとダブルプレーとなる可能性大。

成功すれば高い確率で自分もセーフになるため、まさにハイリスクハイリターンの高等技術といえます。

やり方

プッシュバントは前途のとおり、走者を進塁させるだけでなく自分も生きるためのバント。
通常のバントだと思っている野手の裏をかくトリッキーなプレイです。

なので、基本的なシチュエーションとしては、当然ながら送りバントが期待される場面

例えば、野手が送りバントと決めつけているとき、ファーストとサードが猛ダッシュで前に突っ込んでくることがありますよね。

その場合には、一塁にはセカンドが、三塁にはショートがカバーに入ります。
ここを狙うんです!

ピッチャーとファースト、もしくはピッチャーとサードの間に強いゴロを転がします。
ベースカバーに入るつもりだったセカンドorショートが捕らざるをえない打球にするんです。

これが成功すればかなり高い確率で打者がセーフになりますよね!

コツ

プッシュバントは、文字通りバットを押し出すようにして強い打球にします。

しかし、ボールを当てに行くように手をグイっと押し出すとうまくいきません。
これをやるくらいならバスター(バントの構えからヒッティングに切り替える)にした方がいいでしょう。

ポイントとしては、手で押し出すというよりは、バットの構えはそのままで体ごと当てに行くイメージです
押し出すといってもビヨーンと手を伸ばすわけではありません。

こちらの動画はかなりわかりやすい。

上手ですねー!
こんな綺麗にプッシュバントを決められたらかなりカッコいいです!

関連PR:プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべきバッティング練習

最後に

ということで、プッシュバントについて調べてみましたが、自分だったらこんなプレイは怖くてできません。(笑)
本当にハイリスクハイリターンの高等技術ですよね。

プロ野球でもあまり見ないプレイなので、少年野球なんかでは絶対お目にかかることはないでしょう。
ただ、バントがへたっぴでプッシュバントっぽい打球になっていることは、よく見かけますが。(笑)

ウチの子も普通のバントの練習なのに、プッシュバントみたいなことやって、よく怒られてるなぁ。。

危険な練習やらせてませんか
お子さんの選手生命を守る!”化学的アプローチ”による小学生向けバッティング練習方法!

■Check!
プロスポーツでは当たり前の”科学的根拠”に基いた安全で効果的な上達メソッド。
バッティングの才能をいち早く開花させ、小学生のうちに一生モノの基礎を身に付ける!

>>>動画の続きはこちら

■子供のスキルアップに役立つコンテンツ

■ユニークなバッティング練習で差をつける!

”縦の動き力”を利用した珍しい野球練習ドリル。
バッティングだけでなく、守備やスローイングなど、野球全般の動きに対応しています。
少年野球指導から中学、高校、大学まで幅広く指導している榊原氏が提唱する練習方法です。

「縦振り式」バッティング練習ドリル

-打つ

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.