バットを短く持つ

打つ

【少年野球メモ】バットを短く持って打つ意味は?コンパクトに振れてミート力向上?!

更新日:

素人親父の少年野球メモ。
今回は”バットを短く持つ意味”について書いてみたいと思います。

僕も少年野球をやっていたころは、よく言われていました。
なかなか打てなかったり、速球派のピッチャーが出てくると「バット短く持って振れー!」と。

自分の子供も少年野球をはじめたんですが、やはり同じように指導してもらってます。
でも、これってホントに意味あるのかな?

バットを短く持つ意味

バットを短く持って打つ、というのはこんな意味があると教えられてきました。

  • スイングスピードが上がる
  • バットをコンパクトに振れる
  • スピードボールに対応しやすい
  • 体が小さくてもバットを振りやすい

こんな感じですね。
とにかくバットに当てたい、ミートしたい、というときにバットを短く持つわけです。

速球派のピッチャーだったり、2ストライクに追い込まれたりすると、短く持って振ることをすすめられたりしますね。

関連PR:プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべきバッティング練習

ホントに効果があるのか?

で、思うところはホントに上記のような効果があるのか?ということ。
自分自身としては、短く持つのは違和感があってあまり好きではなかったんですよね....。

実は関係ない!らしい

色々調べていましたが、こちらの記事が超参考になりました。
ありがとうございます!

参考サイト:バットを短く持つとスイング速度は上がるのか!?理論で検証!

専門的な言葉とかも出てくるので、僕も何回か読まないと理解できませんでした。(汗)
要約するとこんな感じ。

  • 短く持った方がバットを回転させやすいので、回転する速度は上がるはず
  • でも、同じ回転速度でバットを振ったとすると、半径が大きい(長く持った)方がスイング速度が上がる可能性がある
  • 実際に比較してみたら、短く持った方がスイング速度は低下した

考えられる理由は、バットを短く持ったために向上した回転速度は、回転半径が小さくなったマイナス要因と相殺されて、結局のところスイング速度に影響がなかった、ということらしい

なるほど、です。(笑)
短く持つことでのプラス要因はあるけど、同時にマイナス要因も発生するため、結局はプラマイゼロみたいなことなんですね。。

練習でやってないことを試合でやらない方がいい

これは僕的にはメチャクチャわかります。。

先ほども”短く持つの好きじゃない”と書きましたが、練習でやってないことをいきなり本番でやるわけですから、もはや違和感しかありませんでした。(笑)

練習時でも状況に応じてグリップの位置を変えていればいいんでしょうけれど、僕はやってなかったですからね......。

いつも長く持ってフルスイングしてました。(笑)

先ほどの理論的なことを考えなくても、付け焼刃のようなプレイはいい結果を生むとは思えません。

効果があるのは意識的なものか?

とはいえ、他の人を見ていると短く持つとそれなりの効果があるようにも思えます。
なぜだろう?と考えると、それは意識的なものなのかもしれません。

バットを短く持つことで......

  • しっかりミートしよう
  • コンパクトに振ろう
  • 速球に振り遅れないようにしよう

と強く意識しているはずですからね。

そう考えると、普段からこの辺の意識を持っていて、ちゃんと体に合ったバットを使っているとしたら、やっぱり短く持つことの意味はあまりないように思います。

皆さんはどう思われるでしょうか?

最後に

良い悪いという部分を全く考えずに言うと、個人的にはバットを短く持つのは嫌いです。(笑)
長く持って振った方がカッコいい!というしょーもない理由ではありますが。。

でも拳一個分くらい空けて持つ選手でも長距離バッターはたくさんいますからね。
MLBではバリー・ボンズ、日本の清原や阿部などのスラッガーも短く持っていたことで有名です。

多分自分に合った方法ならバッティングに絶対はないのでしょう。
いろいろなことを試すのもひとつの手かもしれません。

関連記事:元プロ選手が教えるバッティング上達方法

とりあえず子供には長く持ってフルスイングしてもらいたいです。
やっぱり低学年のうちからボールに当てにいっちゃダメでしょ!?(笑)

危険な練習やらせてませんか
お子さんの選手生命を守る!”化学的アプローチ”による小学生向けバッティング練習方法!

■Check!
プロスポーツでは当たり前の”科学的根拠”に基いた安全で効果的な上達メソッド。
バッティングの才能をいち早く開花させ、小学生のうちに一生モノの基礎を身に付ける!

>>>動画の続きはこちら

■子供のスキルアップに役立つコンテンツ

■ユニークなバッティング練習で差をつける!

”縦の動き力”を利用した珍しい野球練習ドリル。
バッティングだけでなく、守備やスローイングなど、野球全般の動きに対応しています。
少年野球指導から中学、高校、大学まで幅広く指導している榊原氏が提唱する練習方法です。

「縦振り式」バッティング練習ドリル

-打つ

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.