バットリング

打つ

【少年野球メモ】バットリング(ウェイト)の使い方!おすすめメーカーは?

更新日:

素人親父の少年野球メモ。
今回は”バットリング”について書いてみたいと思います。

なぜかウチの子が急に欲しがりました。(笑)
友達の家にあったらしく(お父さんのもの)、プロ選手みたい!と興奮したようです。

ですが、どう考えても小学生、特に低学年にはデメリットの方が大きいような気がするので「はい、はい。」といって受け流してましたが。。

バットリング(バットウェイト)とは

バットリング(バットウェイト)は、簡単にいえば”重り”。
筒状の形をしていて、バットにパコっとはめます。

プロ選手なんかがネクストバッターズサークルで、重りをつけたバットで軽く素振りをしているのを見かけますよね。

筒香選手はウェイト付バット+普通のバットでウォーミングアップしてました。
怪物か。。(笑)

ウェイトを使って練習する意味

以前は、”スイングスピードを上げるため”だとか、”実際に打席に立つときにバットを軽く感じるため”だとか言われていましたが、本質的にはそうではないようです。

  • 自分のバッティングフォームを確認するため
  • 腕力ではなくバットの重さを利用して振る感覚を確認するため
  • ヘッドを残して引きつけて打つ感覚を確認するため

このように、重いバットを使って筋力をアップするようなトレーニングという意味ではなく、正しいフォームやインパクトの感覚を確認するための作業だそうです。

デメリット

ウェイトや重いバットを使うことで、フォームが崩れたり腰を傷めたりする危険性があるそうです。
.......なんとなくわかりますが。(苦笑)

しかし、先ほどのような”トレーニングではなく確認作業”という意味合いを理解していれば、ブンブン振り回す必要なんてないわけです。

そういえばプロ野球選手も、ネクストで思いっきり振ってはいませんね。
いわれてみると確認作業のようにゆっくりと動きをチェックしているような感じです。

この辺りは、ちゃんとした使い方を理解してないが故の問題点ともいえそうですね。

あと、ウェイトをつけたバットで素振りしておくことで、外した時に軽く感じでスイングスピードが上がるという部分に関しては、しっかりと解析した結果、実際にはむしろスイングスピードが落ちているという検証結果があるそうです。

そうなんですね。
実際に軽く感じて速くバットを振れているような感覚になりますが......違うんですね。。

関連PR:プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべきバッティング練習

おすすめ人気メーカー

それでは人気のバットリングをいくつかチェックしてみましょう。

パワーラップ


Amazon詳細ページへ

今もっとも評価されているバットウェイトがこちらのパワーラップという製品だそうです。
防弾チョッキに使われている素材が採用されているようで、非常に丈夫で安全性が高いとのこと。

メジャーリーグで広まり、現在では日本でも導入されています。
リトルリーグでも認可されているなど、今いちばんおすすめのウェイトといってもいいでしょう!

ただ少年野球では重すぎますね。(笑)
約680gとバット一本分くらいの重さがあります。。

定番系

ZETT(ゼット) 野球 バットリング BTR16 レッド 400g
Amazon詳細ページへ

こちらはゼット。
SSK【SR-652】バットリング
Amazon詳細ページへ

こちらはSSK。

どちらも定番の人気メーカーですね。
重量やカラーも色々なものが用意されていて、目的に合ったウェイトを選ぶことができそうです。

リーズナブル系

GP (ジーピー) 野球 バット練習用 ウェイトリング トレーニング用 【120g/230g/330g/460g/570g/680g/780g】
Amazon詳細ページへ

こちらはGPというメーカー。

UNIX(ユニックス) 野球 練習用品 バット ウエイトリング 460g BX74-33
Amazon詳細ページへ

こちらはユニックスというメーカーです。

どちらもリーズナブルでありながら、画像のように細くて軽量のものから大人用まで幅広くラインナップされているのが嬉しい。

特に一番軽いもので120gほどですから、小学生でも使えそうです。

たしか、「小学生にウェイトは必要ないが、本当はいつものバットより100gほど重いバットで素振りすると良い」というようなことも聞いたことがあります。

バッティングの上達方法もいろいろですね。

関連記事:元プロ選手が教えるバッティング上達方法

最後に

ウチの子も欲しがってますが....多分、練習のためじゃありません。

プロ選手がネクストからバッターボックスに移動するときに、バットで地面を小突いてゴトッとウェイトを外すあの動作をしたいだけです。(笑)

確かにカッコいいですけどね。。

最近はバッティングを特に練習しているようなので、先ほどの120gのリングは買ってみてもいいかな?と思ってます。

1000円もしないので、それでヤル気スイッチが入ってくれれば安いものです。(笑)
ただ、外すときのカッコよさはパワーラップに比べると劣ると思いますが。。

危険な練習やらせてませんか
お子さんの選手生命を守る!”化学的アプローチ”による小学生向けバッティング練習方法!

■Check!
プロスポーツでは当たり前の”科学的根拠”に基いた安全で効果的な上達メソッド。
バッティングの才能をいち早く開花させ、小学生のうちに一生モノの基礎を身に付ける!

>>>動画の続きはこちら

■子供のスキルアップに役立つコンテンツ

■ユニークなバッティング練習で差をつける!

”縦の動き力”を利用した珍しい野球練習ドリル。
バッティングだけでなく、守備やスローイングなど、野球全般の動きに対応しています。
少年野球指導から中学、高校、大学まで幅広く指導している榊原氏が提唱する練習方法です。

「縦振り式」バッティング練習ドリル

-打つ

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.