ピックオフプレー

守る

【少年野球メモ】ピックオフプレーとは?トリッキーな守備側のプレイでアウト!

更新日:

素人親父の少年野球メモ。
今回は”ピックオフプレー”について書いてみたいと思います。

先日のコーチたちとの飲み会の時に話題になってたのでちょっと調べてみました。
僕自身は正直初めて聞いた言葉だった?(笑)

その時は「うんうん。」とわかったような感じを出してましたが、なんだかわかってなかったのでコッソリ勉強です。。

ピックオフプレーとは

ピックオフプレーとは、投手、捕手、野手がサインで意思疎通して、相手走者の虚をつきアウトをとるプレーです。

具体的には、このようなプレイになります。

  • 誰もベースカバーに入っていないと見せかけ走者にリードを大きくとらせる
  • サインで示し合わせた野手が走者の裏をかいてベースカバーへ
  • そこに投手の牽制、またはボール球に外して捕手が送球する

ちょっとトリッキーな感じです。
バッチリきまればかなり高い確率で走者をアウトにできるプレイです。

ピックアップ(pick up)はよく聞きますが、ピックオフ(pick off)はあまり聞きなれない言葉かもしれませんね。

英語の訳としては、もぎ取る、狙い撃つ、仕留める、なんて意味があるそうです。
まさしくピックオフプレーですね。(笑)

関連PR:プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべきバッティング練習

基本はサインプレー

ピックオフプレーはサインを出して選手同士が意思の疎通をはかります。
そのイメージとしては、こちらの動画が参考になります。

複数のピックアッププレーについてサインを取り決めていますね。
少年野球ではここまでやることはないと思いますが。。

デイライトプレーとカウント

ウチの少年野球団ではこのあたりを使ったりします。

デイライトなんて名前がついているとは知りませんでしたが(汗)、ショートが走者の後ろにスッーと近づき、タイミングを合わせてベースカバー入ると同時にピッチャーが牽制します。

よくよく調べてみると、こちらもかなり昔から使われていた手法みたいですね。

  • ピッチャーと走者を結んだ直線上にショートが位置する
  • 走者の重心が三塁側に向いたとき走者とショートの間に隙間(デイライト)ができる
  • それを合図としてベースカバーに入り投手が牽制する

といった感じが本来のデイライトプレーみたいです。

カウントは牽制するタイミングをあらかじめ決めておいて、それに合わせて一斉に動くプレイですね。

外野がベースカバー?

少年野球では外野の位置が前よりになっていることが多いためできるプレイです。

内野手がベースカバーに入らないような位置で守って走者を油断させ、素早くセンターやライトがベースカバーに入り牽制球で刺すプレイです。

走者二三塁や満塁で内野前進守備のときにも使われます。

カバーがいないので後逸したときのリスクは高いですが、かなりの確率で走者をアウトにできます。
これはけっこう見かけます。

ですが、少年野球以外ではほとんどあり得ないプレイなので、ここに時間を割いて練習するのも微妙な部分もあります。

これはズルい!(笑)

最後に一時期流行っていたといわれるピックオフプレーの動画をどうぞ。

何が起こったかわかりますか?

ピックオフプレーでショートがベースカバーに入ってピッチャーが二塁へ牽制します。
しかし、そのボールが逸れてセカンドがフォローに。

という、少年野球ならよくありそうなシチュエーションですが......、実はピッチャーはボールを投げていません。(笑)

「やっちまったぁー!」みたいなショートとセカンドの動きも含めて全部演技です。。

ミスしたと勘違いしたランナーは三塁へ走り出しますが、ピッチャーはボールを持っているので三塁へ送球して楽々アウトです。

凄いですが......ちょっとズルい。(笑)

これは今でもアリなんですかね?
日本の高校野球でも実際にこのプレーが起こって禁止になったなんて話もありますが。。

いや、学生野球では正々堂々と勝負しましょう!(笑)

危険な練習やらせてませんか
お子さんの選手生命を守る!”化学的アプローチ”による小学生向けバッティング練習方法!

■Check!
プロスポーツでは当たり前の”科学的根拠”に基いた安全で効果的な上達メソッド。
バッティングの才能をいち早く開花させ、小学生のうちに一生モノの基礎を身に付ける!

>>>動画の続きはこちら

■子供のスキルアップに役立つコンテンツ

■元プロ選手が教える内野守備上達方法

埼玉西武ライオンズ、東北楽天ゴールデンイーグルスで守備コーチを務めた清家政和氏が監修しています。
ゴールデングラブ賞を獲得するような名選手を育てた守備上達方法がこちら!

内野守備上達革命 公式サイトはこちら

-守る

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.