遠くに飛ばす!

打つ

【少年野球メモ】低学年でもバッティングで遠くに飛ばしたい!そのコツは?

更新日:

素人親父の少年野球メモ。
今回は”バッティングで遠くに飛ばす方法”について書いてみたいと思います。

最近はウチの子もバッティング練習でボールに当たるようになってきました。
芯を喰った強い打球もチラホラ見かけるように。。

でも、外野まではなかなか飛びません。(汗)
どうしたらいいんだろう.....と、周りのコーチたちに質問してみました。

ボールに押されてる?

見ていると芯には当たっているようで、鋭く強い打球は打てるみたいですが、なかなか遠くに飛ばない。

なぜかと質問してみると、「ボールに押され気味になっている」とのこと。

確かに、学年にかかわらず同じマシンでバッティング練習してますので、低学年ではボールの勢いに負けてしまうのかもしてれません。

その様子を動画で見てみる

そのようなことを調べていたら、こちらの記事に遭遇。
バッティングスクールCount23「小学生の打球が飛ばない理由」のページ

こちらの記事でもあるお子さんのバッティング分析で、”ボールの力に負けて腕が押されてしまっていることで飛距離が出ない”と書かれています。

わかりやすい動画も掲載してくれてます。

なるほど。(笑)

  • 腕力がない
  • 下半身を上手く回せてない

このような理由からスイングスピードが上がらず、ボールの勢いに負けてしまうそうです。

関連PR:プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべきバッティング練習

インパクト時に力を入れる

先ほどの記事では、手っ取り早い解決策としてバットを短く持つことを挙げられていました。
それもひとつの方法なのかもしれません。

そして、僕が周りのコーチに聞いた時のアドバイスとしては、「インパクトで力を入れる」ということでした。

力を入れていいのはインパクトだけ

いきなり「ボールに当たるときに力を入れるんだよ!」と言ってしまうと、ただ力んでいるだけのスイングになってしまうかもしれません。

基本的にバッティングの時には、インパクト以外はリラックスしているべきです。
むしろ力んでいない方がスイングスピードが上がるといわれています。

関連記事:バッティングでムダな”力み”を抜けばスイングスピードは上がる!!

最初から力んでガチガチになっていてもデメリットしかありません。
バットを持つときも力を入れていいのはグリップ側の小指だけ。

あとは添える程度の気持ちです。
上側の手なんかは、むしろグリップから離しちゃうようなバッターもいますからね。

低学年にもわかりやすいように

で、インパクトで力を入れるという感覚を低学年にもわかりやすく言うには、このようなアドバイスがいいそうです。

「ボールに当たる時バットを”ギュっ”と握れ」

これだけ。(笑)

関連記事:バッティングで強い打球を打つ!インパクト時の力の入れ方のコツ

このような言い方をしたら、ウチの子も何となくイメージが沸いてきたようです。

家ではシャトルバッティングをよくやりますが、シャトルでさえインパクトの力の入れ加減によって飛び方が変わります。

それくらい瞬間的な力というのは強いものだそうです。

あとはタイミング!

余計な力を入れず、インパクト時に押し込まれないようにできれば、あとはタイミングだけ。

小学生、特に低学年のころはとにかくシンプルなスイングでいいと聞きます。
しっかりトップを作ってタイミングよくミートして振りぬく。

これだけで小柄な子でも外野まで打球が飛んで行ったりしますからね。
逆に、アレコレ考えて余計な力が入っている高学年の方がフリーバッティングで苦戦している、なんて光景をよく見かけます。(笑)

タイミングはバッティングの中でも、もっとも重要なポイントだといわれています。
そして、もっとも難しい部分でもあるのですが。。(苦笑)

関連記事:タイミングの取り方とコツ。シンクロ打法とは?

最後に

とりあえず低学年のうちは細かいこと言わずにどんどん振らせてみたいと思います。
先ほども少し書きましたが、本当は下半身の使い方とかいろいろあるんでしょうけどね。

多分ウチの子は言ってもわかりません。(笑)
少しずつ覚えていってくれたらいいな、と思ってます。

関連記事:元プロ野球選手が教えるバッティング上達方法

いつか息子のホームランを見られるときが来るんでしょうか。(笑)
そのときを心待ちにしながら、今日もシャトル打ちをやります。。

危険な練習やらせてませんか
お子さんの選手生命を守る!”化学的アプローチ”による小学生向けバッティング練習方法!

■Check!
プロスポーツでは当たり前の”科学的根拠”に基いた安全で効果的な上達メソッド。
バッティングの才能をいち早く開花させ、小学生のうちに一生モノの基礎を身に付ける!

>>>動画の続きはこちら

■子供のスキルアップに役立つコンテンツ

■ユニークなバッティング練習で差をつける!

”縦の動き力”を利用した珍しい野球練習ドリル。
バッティングだけでなく、守備やスローイングなど、野球全般の動きに対応しています。
少年野球指導から中学、高校、大学まで幅広く指導している榊原氏が提唱する練習方法です。

「縦振り式」バッティング練習ドリル

-打つ

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.