打球に触れた

野球のルール

打者が打球に触れたらアウト?それともファウル?【少年野球メモ】

更新日:

素人親父の少年野球メモです。
今回は”打者が打球に触れた場合のルール”について書いてみたいと思います。

先日、低学年チームがバントの練習をしていましたが、まだまだ成功する確率が低いので、なんだかハチャメチャな状況になってました。(笑)

打球があちこちに飛んでましたが、そんな時ふと思いました。

自分が打った(バントした)打球に触れたらどうなるんだろう......?

打者が打球に触れたら?

打者が自分が打ったボールに触れた場合にはどのような扱いになるのでしょうか。
ファウル?それともアウト?

それは触れたときにボールがどこにあったか?によって違うようです。

バッターボックス内

自分が打ったボールが体に当たった。
いわゆる自打球ですね。

その他、ホームベースに当たってボールが跳ね返ったり、バントを失敗したときなんか打者に当たる可能性があります。

このようにバッターボックス内でボールに触れた場合の判定はファウルとなります。

ちなみに、バッターボックスはフェアゾーンとファウルゾーンが混在してますが、あくまでバッターボックス内で振れた場合にはすべてファウル扱いになるそうです。

これは痛そうですね.....。
こんな思いをしていながらファウル扱いでは、何だか切なすぎます。。

ただ、自打球となるのは以下のケース。

  • 当たったのは打者の故意でない
  • 当たったと球審が判断した

打者の故意で当たったと見なされれば、バッターはアウト。

当たったと打者がアピールしても、球審が認めなければ自打球にはならない。

自打球にならない場合には、インプレーとなりフェアゾーンに転がったならばそのままプレーは続行となります。

ファウルゾーン

そしてファウルゾーンで触れた場合。

バントやボテボテのゴロなんかは走塁時に蹴っ飛ばしてしまうこともありそうですよね。

この場合には・・・

  • 故意に打球の進路を変えようとした場合はアウト
  • 避けれるのに避けなかった場合はアウト
  • 避けようとしたけど触れてしまった場合はファウル

ということです。

まとめるとファウルゾーンではやむを得ず触れてしまった場合はファウル、それ以外はアウト、ということですね。

フェアゾーン

そしてフェアゾーン。

こちらは有無をいわさずボールに触れたら打者はアウトになります。

フェアゾーンにおいては野手や投手よりも先に触れてしまってはいけません。

故意か、そうでないかに関わらずです。

関連PR:プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべきバッティング練習

守備妨害になるか?がポイント

簡単にいうと捕球機会のある野手や投手の邪魔をしちゃいけいないということです。

捕球しようとしている選手がいたらそのプレイが最優先になります。

関連記事:インターフェア(打撃・守備妨害)とオブストラクション(走塁妨害)

一言で打者がボールに触れたといっても、その扱いは色々なんですね。

勉強になります。(笑)

「審判なんてできないよ(泣)」と凹んでる前にしっかり予習!動画でマスターする審判完全マニュアル!しかも90日間返金保証!
■Check!
塁審の動きは動画で見るとわかりやすい!
こっそり予習しておけば、スムーズな動作にみんな驚くかも?!

>>>動画の続きはこちら

-野球のルール

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.