ニュートロンすげぇ

バット

スラッガーの高性能バット【ニュートロン】カタリストとの違いや少年用のスペックは?

更新日:

人気の高性能バットとしてビヨンドマックスと双璧をなす、スラッガー製カタリスト。
その進化版として、ニュートロンという新しいモデルがあります。

僕はもともと詳しくないので、高性能バットといえばビヨンドマックスとカタリストくらいしか知らなかったんですが、このニュートロンはかなり凄そうですね。

わが子の少年野球生活最後に買うバットとして最有力候補か?!

ニュートロンはこんなバット

ニュートロン

カタリストの進化版と言えるような構造を持つニュートロン。
その仕組みはこのようになっています。

それはまさにビヨンドマックスとカタリストの良いとこ取り

どのような構造になっているかというと、カーボンの上にラバーを巻いて、さらにその上をカーボンで覆うという3層構造になっているみたいです。

ビヨンドマックスでいうポリウレタン素材の部分はニュートロンではラバー素材なんですね。

この何が凄いかというと、メイン素材であるカーボンの効果でバットのしなりを抑えて反発力を高めているのはこれまでと同様。
さらにラバー素材の効果でボールの変形を抑えて打球の初速を高めています。

文字として書いても、やっぱり良いとこ取り。(笑)
これは凄そうですよね。。

関連PR:プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべきバッティング練習

カタリストとの比較

スペックを比較するとこのとおり。

長さ重さ素材実売価格
ニュートロン76cm~80cm540g~600g67cm100%パフォーマンスコンポジット+ラバー3万円台後半~4万円前半
カタリスト2Ti76cm~80cm540g~600g67cm100%パフォーマンスコンポジット3万円台前半

構造は違えど、サイズ感は一緒ですね。

価格は新製品だからかカタリストより高め。
ビヨンドマックスギガキングと同じくらいでしょうか。

最後に

ニュートロン、何だか良さそうですよね。
ビヨンドマックスのように飛距離も期待できるし、シャープな鋭いスイングやバントなど細かいプレイにも対応できそう。

そしてなによりカッコいい。(笑)

Louisville Slugger(ルイスビルスラッガー) 野球 バット 少年軟式 NEUTRON JJR18N 7654 WTLJJR18N7654 76cm/540g平均

ウチの野球団では使っている子がいないので、一度触ってみたいなぁ。。
でも高い。(泣)

追記:2019年モデルが発表されるも大幅なリニューアルはなし

J号球への対応で2017年~18年にかけて強度とバランス調整を行ってるニュートロン。
2019年は大幅なリニューアルはないようです。

ジュニア用はカラーリングのみ変更ということで、構造の変化はありません。
ということは、安くなってれば型落ちの方がお得なのかな?

バットの性能自体は変わりませんからね。

ルイスビルスラッガー(Louisville Slugger)
¥19,800 (2020/09/26 12:25:52時点 Amazon調べ-詳細)
危険な練習やらせてませんか
お子さんの選手生命を守る!”化学的アプローチ”による小学生向けバッティング練習方法!

■Check!
プロスポーツでは当たり前の”科学的根拠”に基いた安全で効果的な上達メソッド。
バッティングの才能をいち早く開花させ、小学生のうちに一生モノの基礎を身に付ける!

>>>動画の続きはこちら

-バット

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.