逃げちゃダメよ

野球のルール

タッチしてないのにアウト?スリーフィートオーバーとは【素人親父の少年野球メモ】

更新日:

先日、少年野球の練習中に3塁審を担当していました。

その際に本塁と3塁の間で走者が挟まれたんですが、プレイが一段落してから野球に詳しいお父さんが、子供たちにこう言ってました。

「ホントはスリーフィートオーバーでアウトだよ。」

そうか!そういえばそんなルールあったな。。

3フィートオーバーとは

スリーフィートオーバーとは、走者が本来の走路から外れて触球を免れようとした際に適用されるルールです。

ほとんどの場合、いわゆる”挟まれた”時に起こることでしょう。(ランダウンプレー。)

走路は塁と塁を結んだラインの左右3フィート(91.44cm)とされています。

ここを外れてタッチアウトを免れようとするのはダメよ!ってことですね。

そりゃそうです、このルールが無ければ走者はアウトにならないよう、どこまでも走って逃げ切ろうとすることでしょう。(笑)

このルールが適用されるとタッチされていなかったとしても、走者はアウトとなります。

関連PR:プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべきバッティング練習

細かいルールをチェック

それではさらに見ていきましょう。

■タッチを免れる時だけ適用される

このルールはあくまでタッチを免れる時だけに適用されるものです。

一塁を大きくまわって二塁に走るときなんかは3フィート以上走路から外れることも多いですが、もちろんこの時はアウトになりません。

他には走路上に転がったボールを処理しようとしている野手を避ける場合もOK。
というより、そのまま走ってぶつかったら守備妨害です。(笑)

関連記事:インターフェア(打撃・守備妨害)とオブストラクション(走塁妨害)

■そもそも走路から外れた場所にいる走者をタッチに行ったときは?

前途のとおり、走路とは”塁と塁を結んだラインの左右3フィート”です。

それでは、プレイの流れの中で元々走路から外れた場所にいた走者をタッチに行った場合はどうなるんでしょう。

そのときには、塁と走者を結んだ線の左右3フィートが走路とみなされます。

■というか、3フィートってどれくらい?

僕的にはコレ、よくわからん。(笑)
3フィート=91.44cmなので、1m弱くらいですね。

ちなみにわかりやすい目安で言うと、本塁~1塁間にあるスリーフットラインの幅は3フィートとなっています。

スリーフットライン

ちなみに芝がある球場の場合には、マウンド側の土(もしくは茶色に着色された芝)と芝の境目は、塁と塁を見すんだラインから3フィートになっているそうです。

■審判のコール、ジェスチャーは?

僕的にはこれ重要。。

審判のコールとしては、3フィートとなるライン上を指差して「ラインアウト!」と言うそうです。
「スリーフィートオバー!」じゃないんですね、ややこしい。(笑)

「ラインアウト」は3フィート以上走路を外れたということなので、実際にアウトをコールする場合には「ラインアウト!ヒズアウト!」となります。
長っ。。

動画で見てみよう!

スリーフィートオーバーの基本ルールがわかったところで、動画でも見てみましょう。

こちらは三塁~本塁間で捕手からのタッグを避けようとしてスリーフィートをとられています。
この球場では土と芝の境目がスリーフィートとなっているようなのでわかりやすいですね。

微妙ですが足が出てます。
さすがプロの審判ですね、よく見てます。(笑)

こちらもタッグを避けようとしてスリーフィート。
しかし派手に避けてるな。(笑)

タッグはされてないものの走者はアウト、打者走者もアウトになったのでダブルプレー成立です。

最後に

なるほど、といった感じですね。
実際にジャッジをしてみると色んなことがわかるもんですね。。

次はしっかりとジャッジしなければ。
練習でこういうのをちゃんとやっておかないと、本番の試合で子供たちも同じミスをしてしまいますからね。

子供たちは、こういうペナルティを実際に体験してみないとなかなか覚えません。
子供たちが成長するためにも、しっかりとジャッジしなければならないんですね。

■Check!
塁審の動きは動画で見るとわかりやすい!
こっそり予習しておけば、スムーズな動作にみんな驚くかも?!

>>>動画の続きはこちら

-野球のルール

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.