スピントレーナー

イップス克服

スピントレーナーでリリースをチェック!使い方や効果は?【イップス克服メモ】

更新日:

イップスっぽくなってボールが上手に投げられなくなって以来、いろんな情報を収集するとともに役立ちそうなグッズも試しています。

今回は、ミズノから出ている”スピントレーナー”というグッズにチャレンジしてみました。

スピントレーナー

スピントレーナー
こんなやつです。
シリコンゴム製で、見た目的にはリボンのような形になってます。

上の画像のようにボールを握るのと同じ要領で掴み、これまたボールを投げるのと同じように相手に向かって投げるわけです。

もうお分かりかと思いますが、上手にリリースできるとクルクルと綺麗に縦回転します。
逆に間違っていると、メチャクチャな回転になります。

ボールは球状なのでわかりにくいですが、スピントレーナーなら回転を視覚的に確認できるんです。

関連PR:プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべきバッティング練習

使い方や特徴

使い方といっても前項で説明したことが全てなんですが(汗)、オフィシャルな説明ではこのようなっています。

用途・特徴

用途と特徴

  • スピントレーナーを使ってキャッチボールすることで、ボールの回転を確認することができると同時に、肩や肘、手首の使い方を練習することができる
  • 板状になっているので必然的に指先で握ることになり、初心者でも正しいボールの握り方を覚えることができる
  • シリコンゴム製なので、指先への負担も少なく、室内でも使用することができる

使い方

  • 投げ方をチェックしながら、ゆっくりとしたフォームで投げる
  • 正しいリリースになると、上向き回転しながら真っすぐに伸びて飛んでいく

動画もいくつか貼っておきます。

使ってみた感想

確かに視覚的に確認できるというのはわかりやすいですね。
子供が投げるのを見て、「おっ、いいじゃん!」とか「今のはダメだったね~」とかお互いにチェックするのも簡単。

ただ、けっこう硬い。。
シリコンゴム製とはいえ、かなり硬いので当たると痛いです。(笑)

確かに室内でやれなくはないですが、良い角度でテレビとかパソコンに当たったら画面が壊れるんじゃないかな...。

ゴム製だから安心!と高をくくらず、室内で使うならそれなりの緊張感をもって使うことをおすすめします。
できればグローブを着けた方がいいかと思います。

あと、少し大きめです。
大人の僕でも少し大きいかな?と感じました。

  • サイズ:約73×118mm
  • 重量: 約65g

公式サイトでのスペックはこのようになっていますので、握るところはJ号球の直径よりも4mm長いです。
小さい子供には大きいかもですね。

効果のほどは?

まだわかりません。(笑)
しばらく使ってみて、自分のイップス改善に役立ったか?子供のスローイングが上達したか?なんかも報告出来たらと思います。

しかし、こういうグッズはなかなか面白いですね。
ミズノはスピントレーナー以外にも、色んな便利アイテムを発表しています。

次はバッティング上達系のグッズでも試してみようかな。。

MIZUNO(ミズノ) スピントレーナー ネイビー 28BT3100014 ボールコントロール 野球 トレーニング

僕の現在進行形のイップス奮闘記はこちら。

危険な練習やらせてませんか
お子さんの選手生命を守る!”化学的アプローチ”による小学生向けバッティング練習方法!

■Check!
プロスポーツでは当たり前の”科学的根拠”に基いた安全で効果的な上達メソッド。
バッティングの才能をいち早く開花させ、小学生のうちに一生モノの基礎を身に付ける!

>>>動画の続きはこちら

-イップス克服

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.