ボールの投げ方

投げる

ボールの投げ方の基本!綺麗なフォームになる練習のコツ【素人親父の少年野球メモ】

更新日:

少年野球をやっている子供に負けないよう、野球のことについてリサーチしてます。

今回は”ボールの投げ方の基本と練習方法”についてです。
基本的なボールの握り方から、ボールを投げる一連の動作をまとめてみました。

野球をやり始めて間もない、ようやくボールへの恐怖心がなくなってきたかな?くらいの頃に確認しておきたい内容になっています。

ボールの握り方

まずはボールの握り方から。

人差し指と中指はボールの縫い目にかけます。
両指の間隔は指一本分の隙間が空くくらいです。

そして親指は軽く曲げて下の縫い目に。
人差し指、中指、親指が二等辺三角形のようになるイメージです。

他の指は、横からそっと支えるようします。
手の小さい低学年なら、上部を人差し指、中指、薬指の三本で握ってもかまいません。

関連PR:プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべきバッティング練習

投げ方の基本

  1. 軸足(効き足)を相手に対して直角に踏み出す
  2. 前側の足を上げて軸足に体重を移す
  3. グローブ側の手を相手に向かって出しながら前足を踏み出す
  4. 前足が着地させ下半身を回転させる
  5. 下半身の回転に合わせて上半身をひねり腕を振り出す
  6. リリースしたらそのまま腕を振り切る

動画でも確認してみましょう。
こちらの動画はかなりわかりやすいです。(さすがベネッセさん!)

ボールの握り方から、投げる一連の動作までを解説してくれています。

ポイント

ここからは重要なポイントをチェックしていきましょう。

スナップを効かせて投げる

変化球などはおいといて、ボールに綺麗な縦回転を加えることが基本
そして、そのためには手首の力を効かせてボールを回転させるスナップスローは必要不可欠。

この辺りのイメージはこちらの動画がわかりやすいです。

投げるときには肘や手首のしなりが必用。
手首を柔らかくしておく感覚を身につけなければなりません。

この柔らかいという感覚は超重要で、手首や肘だけじゃなく指先に至るまで投げる一連の動作すべてで必要になってきます。

右ひじの高さに注意

腕を振り上げたときに、肘は肩の高さに位置するよう注意します。
高すぎても低すぎてもいけません。

上手に投げられないばかりか、故障の原因にもなるので、最初のうちにココだけはしっかりと意識されたいですね。

試しに極端な位置で投げさせてみてもいいかもしれません。
動きにくかったり、違和感がある感覚を体験させると「これじゃダメなんだ」と子供も理解してくれます。

肘の高さに関しては、綺麗なフォーム云々以前に、怪我の原因になるという大きな問題がありますので注意が必要です。

関連記事:野球でのゼロポジションとは?投球の力強さやコントロールが向上する!

足の踏みだしは相手に向かって

低学年のころは、送球フォームも安定していません。
よくあるパターンは、踏み出した足がアッチコッチに向いてしまうこと。

これではコントロールは安定しません。
必ず相手に向かって踏み出すことを意識させます。

といっても素直に直してくれる子は稀です。(笑)
しつこいくらいに言いましょう。。

最初のうちはグラウンドにラインを引いて、「この線に沿って足を出すんだよ!」と教えるのがいいでしょう。(それでもやらない子はいますが。汗)

少年野球では球速よりも特にコントロールが重要視されますので、ぜひ注意したいですね。

関連PR:【元ライオンズ三井浩二 監修】コントロールを良くする練習方法

下半身のひねりと体重移動

腕の振りだけでなく、体全体を使わなければ力強いボールは投げられません。

前足をただ上げるだけでなく、腰をいれて下半身をひねること。
その状態のまま前方に体重移動しながら投げること。

このような体全体で生み出した力をリリース時に爆発させる感覚を覚えます。
・・・といいながら、大人でもここまで出来るのは大変です。(笑)

素人レベルな僕は子供と一緒に意識しながら練習してます。。

綺麗なフォームだといわれている投手

もっとも多く名前が挙がっていたのが、今はメジャーで活躍する菊池雄星投手。

こちらも日本、メジャーともに活躍した和田毅投手。

最後に

こうやって一つずつ確認していくと、複雑な動きの連続ですね。
自然とできるようになるには、なかなか大変です。(笑)

でも、根詰めて投げ込みすぎると肘や肩を傷めることにもなりかねません。
最近は子供を故障から守る動きも活発ですからね。

まずは怪我をしないこと。
気長にじっくりと練習していきましょう!

危険な練習やらせてませんか
お子さんの選手生命を守る!”化学的アプローチ”による小学生向けバッティング練習方法!

■Check!
プロスポーツでは当たり前の”科学的根拠”に基いた安全で効果的な上達メソッド。
バッティングの才能をいち早く開花させ、小学生のうちに一生モノの基礎を身に付ける!

>>>動画の続きはこちら

■子供のスキルアップに役立つコンテンツ

■元西部ライオンズ三井浩二氏のコントロール上達方法

”コントロールを良くする”をテーマに、元西武ライオンズ一軍投手 三井浩二氏が教える上達方法です。
少年野球では球威よりもコントロールが重視されますので、不動のエースになるには必要なテクニック。
元プロ選手の練習方法....気になりますね!

野球ピッチャー上達革命 公式サイト

-投げる

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.