ハンドリング練習

守る

個人守備練習に最適!『ハンドリング練習』でグラブさばき向上!【少年野球メモ】

投稿日:

素人親父の少年野球メモ。
今回は”ハンドリング練習”について書いてみたいと思います。

自宅でもできる守備練習について調べていると、アメリカの子供たちが皆やっているというハンドリング練習というものがあることを知りました。

平日にお父さんがグラウンドでノックするのはちょっと大変ですが、これなら毎日守備練習ができていいなぁ、なんて思って最近実践しはじめました。

ハンドリング

ハンドリングとは、守備の時に捕球する側(グローブをはめている方)の手首や腕の使いかたのことです。

ハンドリングが上手くなると・・・

  • 球際に強くなる
  • イレギュラーに反応しやすくなる
  • 捕球処理が柔軟になる
  • 難しいバウンドに対応しやすくなる

もちろんゴロ捕球は手先の動きだけではありません。

バウンドに合わせるための前後左右の動きや、腰を落として捕球体勢に入る動作など、他の要素も絡んできます。

関連記事:ゴロが捕れない?!捕球姿勢の基本と上手に捕るコツ

しかし、手首や腕を柔軟に使って、逆シングルなどグローブさばきも自然にできるようになると、様々な打球に対応しやすくなります。

さらにレベルの高い守備力を身に着けるためには必要なテクニックになるそうです。

関連PR:プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべきバッティング練習

練習方法

そして、そのハンドリングを上達させるための練習方法はどのようなものなのでしょうか。

YOUTUBEにいくつかの動画がアップされていたので見てみました。

膝つきハンドリングという練習です。

どちらの動画でもほとんど同じことをいっていますね。

  • グローブは動きは下から前へ
  • ボールが入るところを見るイメージで前方で捕球する

変に手首をこねたりせず、ボールに向かってグローブを前に出すことが大切だそうです。

慣れないうちは柔らかいボールで。

グローブを外して素手で練習することも、感覚を養うためには効果的だと言っています。

この練習ならば、室内でもできそうですね。

毎日の練習に取り入れてみた

狭いスペースでもできるということで、我が家でもハンドリング練習を毎日の練習に取り入れてみました。

小学校低学年の息子とってはやはり難しかったらしく、最初は苦戦してましたね。(笑)

とにかく、「グローブは下から前へ!」と「捕るところが見えるくらい前でキャッチ!」と言い続ける日々。(笑)

そんな感じで、毎日やっていたら動作もサマになってきました。

その後、チーム練習でノックを受けている様子を見ていたらちょっと驚き。

グローブの出し方を含めた全体的な捕球動作がカッコよくなってる!気がする!(笑)

今までは捕球できてもなんというか、初心者っぽい感じでしたが、なんか上手い子みたいな動きです。

本人も手ごたえがあったようで、すすんでハンドリング練習するようになりました。

やっぱり家で手軽にできるというのは継続につながりますね!

よく考えてみたら自宅で守備練習はしていなかったので、これからも続けてみたいと思います。

広島の菊池選手みたいな守備ができるようになるか?!(笑)

危険な練習やらせてませんか
お子さんの選手生命を守る!”化学的アプローチ”による小学生向けバッティング練習方法!

■Check!
プロスポーツでは当たり前の”科学的根拠”に基いた安全で効果的な上達メソッド。
バッティングの才能をいち早く開花させ、小学生のうちに一生モノの基礎を身に付ける!

>>>動画の続きはこちら

■子供のスキルアップに役立つコンテンツ

■元プロ選手が教える内野守備上達方法

埼玉西武ライオンズ、東北楽天ゴールデンイーグルスで守備コーチを務めた清家政和氏が監修しています。
ゴールデングラブ賞を獲得するような名選手を育てた守備上達方法がこちら!

内野守備上達革命 公式サイトはこちら

-守る

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.