片手バットで練習

打つ

片手バットでバッティング練習!素振りやティーを片手でやるメリットは?【少年野球メモ】

更新日:

素人親父の少年野球メモ。
今回は”片手バットでのバッティング練習”について書いてみたいと思います。

息子的に今現在は”上手く打ちたい”よりも”カッコよく打ちたい”が勝っているようで(笑)、なんだか妙なフォームになっているような気がします。

いや、それで打てれば何も言いませんが、やはり打ててません。。

なんか趣向を変えた練習方法なら真面目に取り組むかな?なんて思ってたら、片手ずつの素振りやティーも効果的なんて話を聞きました。

片手バットで練習する意味

片手バットで引き手(右打者なら左手)と押し手(右打者なら右手)を、それぞれ分けてバッティング練習すると、さまざまなメリットがあるそうです。

バッティング時には、それぞれに別の役割があります。

それを片方ずつ確認することで、悪いところを明らかにして部分的に修正していくことができるんですね。

そのような理由なので、ただ片手でブンブン振り回しても、意味がありません。

しっかりと目的意識をもって取り組むことで、片手バットでの練習のメリットが出てくるそうです。

引き手側のチェックポイント

  • ミートポイントまで導くバットコントロール
  • 脇を閉めたバッティングフォームの確認
  • フォロースルーの払い方の確認

引て手側は特にバットコントロールに注意しろ!といわれますね。

グリップ先行でヘッドが後から出てくる感覚も養えそうです。

押し手側のチェックポイント

  • ミートポイントの確認
  • インパクト時の押し出す感覚の確認
  • 肘の使い方の確認

僕らが子供のころは、とにかく”引き手が大事!”といわれ続けてましたが、最近は押し手側が重要だというアドバイスをよく聞きます。

関連記事:バッティングでは左手主導or右手押し込み、どちらが大事?

関連PR:プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべきバッティング練習

片手でのバッティング練習方法

それでは片手でのバッティング練習方法を見てみましょう。

基本的には、片手でバットをもって素振りやティーバッティングを行います。

その際には、上記のとおりチェックポイントを確認し、目的意識をもって練習しなければなりません。

また、自分のウィークポイントがわかっていれば、そこを重点的にチェック&改善することもできます。

やはり、片手でスイングすること自体に意味があるというよりは、部分的なチェックや改善に役立ちそうです。

軽量&短い練習用バット

大人ならいいかもしれませんが、子供は普通のバットを片手で振るのは難しいと思います。

そんな状態でバッティング練習しても、逆にフォームが崩れてしまいそうですよね。(苦笑)

そこで登場するのが軽くて短い片手用バット

ミズノ(MIZUNO) トレーニング(65cm) 片手用 木製 1CJWT15265 01 ホワイト 65cm/平均830g

大人用の片手バットは短くても重量はそれなりにあるようですが、子供向けにはアルミ製の軽量タイプも販売されています。

これだけコンパクトだと室内でも練習できそうですね。

価格的には2,000円~5,000円の間くらいみたいです。安い!

各メーカーから販売されていて、長さや重さもいろいろなので、興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

野球やってる息子に買ったはずが、弟妹が子供用バットと勘違いして遊び道具として活躍してくれる、なんてメリットもあるみたいですよ。(笑)

危険な練習やらせてませんか
お子さんの選手生命を守る!”化学的アプローチ”による小学生向けバッティング練習方法!

■Check!
プロスポーツでは当たり前の”科学的根拠”に基いた安全で効果的な上達メソッド。
バッティングの才能をいち早く開花させ、小学生のうちに一生モノの基礎を身に付ける!

>>>動画の続きはこちら

■子供のスキルアップに役立つコンテンツ

■ユニークなバッティング練習で差をつける!

”縦の動き力”を利用した珍しい野球練習ドリル。
バッティングだけでなく、守備やスローイングなど、野球全般の動きに対応しています。
少年野球指導から中学、高校、大学まで幅広く指導している榊原氏が提唱する練習方法です。

「縦振り式」バッティング練習ドリル

-打つ

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.