バットのしなり

打つ

木製バットは”しなり”で飛ばす!?しならせるってどういう意味?【少年野球メモ】

更新日:

素人親父の少年野球メモ。
親子ともども野球Youtuberさんの動画を見ながら、勉強する毎日でございます。

今日は「木製バットのしなり」についての動画です。

今日の動画はコレ!

この動画は非常に興味深いですね。

バットの芯(スィートスポット)でボールを捉えると、不思議なくらい衝撃が無く、「あれっ?」と思うくらいの感触で打球がカッ飛んでいくといわれています。

この動画でも、バットの先端や根元で打ったときには大きく歪んでいますが、芯で捉えた時には少しのしなりが起きているだけですね。

ん、しなり?

関連PR:プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべきバッティング練習

木製バットは”しなり”で飛ばす

と聞いたことがあります。

素人ながらにバットをしならせるというと、(マンガとかでよくある)スイング途中のバットがグニャっと曲がっているようなイメーでした。

でも、実際には、人間の力でスイング途中にバットがしなることはないそうです。

そのような写真を見かけたことがあるかもしれませんが、カメラのシャッタースピードの関係でそのように写っているだけみたいです。

現に、さっきの動画でも超一流バッターである広沢氏のバットはグニャっとしなってはいません。

インパクトの時に多少しなるだけです。

インサイドアウトを意識してしならせるイメージ

本当のところはわかりませんが、しならせるイメージで振ることによりインサイドアウトの軌道でバットを振り出し、ヘッドが遅れてくる感覚を意識付けするような意味があるとも聞きました。

そういうことなんですかね。(汗)

しなりを感じながらヘッドが遅れて出てくるような打ち方を体感できるようなギアも販売されていて、確かにドアスイングの改善に役立つそうです。

B084L65XQH

しなりが生まれるのは木製バット特有のことだそうで、ココを意識して芯で捉える技術が養われると、バットの性能を最大限引き出すことができるんだとか。

どこに当たっても飛んでしまうビヨンド系バットを子供のころから使うのではなく、練習時だけでも木製バットを使うとメリットがあるかもしれませんね。

危険な練習やらせてませんか
お子さんの選手生命を守る!”化学的アプローチ”による小学生向けバッティング練習方法!

■Check!
プロスポーツでは当たり前の”科学的根拠”に基いた安全で効果的な上達メソッド。
バッティングの才能をいち早く開花させ、小学生のうちに一生モノの基礎を身に付ける!

>>>動画の続きはこちら

■子供のスキルアップに役立つコンテンツ

■ユニークなバッティング練習で差をつける!

”縦の動き力”を利用した珍しい野球練習ドリル。
バッティングだけでなく、守備やスローイングなど、野球全般の動きに対応しています。
少年野球指導から中学、高校、大学まで幅広く指導している榊原氏が提唱する練習方法です。

「縦振り式」バッティング練習ドリル

-打つ

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.