腕の振り方

投げる

ピッチング送球での腕の振り方のコツと練習方法【素人親父の少年野球メモ】

更新日:

少年野球をやっている子供に負けないよう、野球のことについてリサーチしてます。
今回は”ボールを投げる時の腕の振り”についてです。

僕は少年野球をやっていたので(一応)野球経験者なんですが、実はイップスっぽくなってしまい上手に投げられないような状態です。

なので、この手のテーマについては子供よりも必死です。(笑)
今は昔どうやって投げていたかを思い出すのではなく、正しい投げ方をイチから勉強してフォームを上書きしようとしてます。。

今回のテーマも、子供のためもそうですが、自分ために調べたようなものです。
それではいってみます!

基本はスナップスロー!

変化球などはおいといて、ボールに綺麗な縦回転を加えることが基本となります。
そして、そのためには手首の力を効かせてボールを回転させるスナップスローは必要不可欠。

ウチの団でもそうですが、キャッチボールの時もまずはここからスタートします。

  1. 前にならえの状態からスーっと利き腕を上げる
  2. ボールを持つ手は地面を向いたままリラックス
  3. スナップを効かせて縦回転させることを意識しながら腕を振り下ろす

まだこの時点では体をひねったり足を踏み込んだりはしません。
腕の動きだけで手首の使い方を確認します。

スナップを効かせるという感覚については、こちらの動画がわかりやすいです。

関連PR:プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべきバッティング練習

利き腕の振り方

それでは投げるという行為の中で腕がどのような動きをすればいいかチェックしていきましょう。

肘の上げ方と高さ

まずは肘の上げ方ですが、ココもいきなり重要なポイントです。
肘の位置が悪いと上手に投げられなくなるだけでなく、故障の原因にもなります。

怪我して野球ができなくなったら大変な事ですからね。
最初の時点でしっかりとおさえておきたいポイントです。

  1. 両腕が地面と並行になるように伸ばす
  2. 利き腕の肘は肩の高さをキープしたままボールが耳の上にくるように肘を曲げる

この状態が基本姿勢となります。
肘の高さ=肩の高さという意識が重要です。

腕全体をしならせる

そしてボールを投げるわけですが、ココでは”しなる”という感覚を覚えることが重要です。

まずはガチガチに力が入っていては関節部分が曲がらないことを確認。
逆にリラックスした状態ではスムーズに動くことを確認しておきましょう。

肘、肩、手首だけでなく最終的にリリースする指先まで”しなる”という感覚をチェックしましょう。
関連する動画をいくつか貼っておきます。

関節を柔らかく使うということを注意点として挙げています。

このページでは腕の使い方のみに触れていますが、実際はこの動画で言っている通り、下半身の回転や体重移動など様々な部分と連動しています。

こちらでは正しいフォームで投げないと投球障害になるということに触れていますね。

投げるという行為に関しては、間違ったフォームで投げていると身体の故障に直結します。
子供のころの早い時点で悪い箇所は修正しておきたいですね。

最後にプロのピッチャーの動画を貼っておきます。
腕全体が猛烈にしなっているのが一目瞭然です。

いつかはこのようになりたいですね。(笑)

アーム式投げって?

また、よくないフォームの一例として”アーム投げ”が挙げられます。
アーム投げとは、テイクバック時に腕(肘)が伸びたまま投げるフォームのことです。

ピッチングマシンのアームをイメージしていただけるとわかりやすいでしょうか。
このフォームになると、肘や肩に負担がかかり故障しやすく、コントロールも定まりにくいと言われています。

プロ選手でもアーム投げのピッチャーはいますが、そのフォームで結果が出ているから直していないだけで、メリットになる部分はないと聞きます。

こちらも正しく腕が振れているとはいえないフォームなので、早期に直した方がいいそうです。

関連記事:アーム投げとは?故障の原因になるというけど矯正できるの?

最後に

全体を通して一番重要なのは力まずにリラックスすることです。
ガチガチに力が入ってしまっていては上手に投げることはできません。

ムチのように、オバケのように、ぐにゃぐにゃとリラックスした状態で腕をしならせることが大切。
とはいっても、そこが難しいから悩むわけなんですが。(笑)

でも、ここを意識するだけでボールも力強くなり、コントロールもまとまってきます。
何度もトライして無意識レベルで投げられるようになりたいですね!

危険な練習やらせてませんか
お子さんの選手生命を守る!”化学的アプローチ”による小学生向けバッティング練習方法!

■Check!
プロスポーツでは当たり前の”科学的根拠”に基いた安全で効果的な上達メソッド。
バッティングの才能をいち早く開花させ、小学生のうちに一生モノの基礎を身に付ける!

>>>動画の続きはこちら

■子供のスキルアップに役立つコンテンツ

■元西部ライオンズ三井浩二氏のコントロール上達方法

”コントロールを良くする”をテーマに、元西武ライオンズ一軍投手 三井浩二氏が教える上達方法です。
少年野球では球威よりもコントロールが重視されますので、不動のエースになるには必要なテクニック。
元プロ選手の練習方法....気になりますね!

野球ピッチャー上達革命 公式サイト

-投げる

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.